美容師転職

美容師からの転職 男性におすすめな異業種の求人 辞める理由の多くは体力面?

美容師の離職率は非常に高く、1年目では約38%ですが、10年目になると90%の美容師が辞めているというデータがあります。

なので、美容専門学校時代の同窓会をすると、ほとんどが既に異業種へ就職してたり、女性であれば結婚し専業主婦、又は美容師とは関係のない仕事先でパートなんていう話も珍しくありません。

では、美容師を辞めて異業種へ転職する理由はどんな事情が多いのでしょうか?

女性美容師についておすすめな転職先はこちらで紹介してますのでご覧ください。

美容師を辞める理由

美容師を辞める理由の多くは3つです。

  • 体力面で辛い割りに給料が少ない
  • 結婚
  • 薬剤による手荒れ

美容師を辞める理由① 体力面で辛い割りに給料が少ない

まずは体力・収入面の理由によって辞める方が多いようです。

美容師アシスタントであれば、オープン1時間~1時間半まえに出勤し、お店の開店準備。

営業中は立ち仕事はもちろん、閉店後も後片付けや掃除、その他技術の練習時間などと、約16時間は店に居る事も珍しくはありません。

給料面で言えば働く地域や雇用形態にもよりますが、アシスタントで15万円前後が多く、私の聞いた話では10万円という声もありました。

美容師を辞める理由② 結婚

次に辞める理由として、結婚を機にやめるという方も多いようです。

女性であれば、結婚という理由とは別に、お産を理由に辞める方も居ます。

ですが男性であれば、家族を養っていくだけの収入がもらえないという理由や、働く時間の長さにより、家族と過ごす時間が短いという理由もあるようです。

美容師を辞める理由③ 薬剤による手荒れ

美容師の手荒れの原因として、シャンプー剤や、カラー材、パーマ材などと普段であれば手にしない薬剤を常に扱います。

施術する時は専用のグローブを着用するのも可能ですが、グローブでは守れない手首があれたり、お湯を触る事が多いので指の関節にアカギレができるなどという話は珍しくありません。

こういった場合、皮膚科を診療しても”職業病だから、辞めない限り完治しない”なんで言われる事もあります。

美容師という職業

美容師という職業は技術職でもあり、サービス業でもあります。

お客様のヘアスタイルを創り上げ、喜んで帰ってもらえるという”やりがい”のある素晴らしい職業でしょう。

ですが華やかさの反面、辛いくて地味な練習をしスタイリストとなります。

その美容専門学校時代に描いた華やかさと、実際の仕事内容とのギャップはあるでしょう。

男性美容師おすすめ転職先

女性美容師であれば、そのままネイルやアイリスト、エステなどと美容関係に進む事も可能ですが、男性はそういった職業は抵抗を感じてしまうかもしれません。

そこで、男性美容師としてオススメな転職先を5つ紹介します。

  • ウィッグ販売
  • 営業マン
  • 美容メーカー
  • 工場勤務
  • アパレル関係

新しい転職先① ウイッグ販売員

商業施設などにテナントとしているウイッグ販売店は、薄毛や病気による脱毛などに悩んでいるお客様にウイッグを提案する職業となます。

もちろんアフターフォローもこなすため、ウイッグのカットやセットなどのメンテナンスをします。

詳しくはこちらの記事で説明してますので、是非ご覧ください。

新しい転職先② 営業マン

営業マンの仕事と言えば、コミュニケーション能力が必要となるでしょう。

サービス業として接客していた美容師であれば初めての方とお話をするというのは日常だったと思います。

店の中ではなく、外に出て働きたいという方にもおすすめです。

営業マンに関してこちらの記事で詳しく説明してますので是非ごらんください。

新しい転職先③ 美容メーカー

美容メーカーは美容師としての知識をそのまま生かせるだけではなく、実際の現場の状況なども経験している美容師としてはかなり相性の良い職業だと思います。

薬剤の知識だけではなく、お金を払っても学ぶ事の出来ない現場の雰囲気なども役に立つでしょう。

美容メーカーについてこちらの記事で詳しく紹介していますので是非ご覧ください。

新しい転職先④ 工場勤務

工場勤務のメリットとしては、正社員雇用が多いという事と給料が高めという事です。

職場では、必要以上のコミュニケーションを求められる事は無いため、実はお話するのが苦手だったという方にもおすすめな転職先となります。

工場勤務についてこちらの記事で説明してますので是非ご覧ください。

新しい転職先⑤ アパレル関係

美容師として、おしゃれについて磨いてきたと思いついて

アパレル関係はそういったセンスを発揮できる職業と言えるでしょう。

同じ接客業という事もあり、馴染みやすい職種の1つと言えるでしょう。

アパレル関係についてこちらの記事で紹介してますので是非ご覧ください。

最後に

美容師という職業はとても素晴らしい職業に間違いはありません。

ですが、やはり生活環境や年齢を重ねてくると色んな面で辛い部分が出てくる事もあります。

そういった場合は全く異なった職種へ転職という方法も1つだと思います。

西日本美容師求人サイト>>急なお休みも大丈夫!子育てとの両立を応援する美容師募集。

女性の転職サイト>>マイナビエージェントのWinな女性の転職『ウーマンウィル』

若者就職支援>>正社員への転職を徹底サポート【安定のお仕事】

-美容師転職