美容師転職

美容師からの転職・求人 新しい職種である美容メーカーの平均収入や志望動機のヒントなどを紹介!

美容師を辞めて異業種に転職する方はたくさんいると思います。

転職は私は良いと思います。

なぜなら、働く環境が変わればもちろん生活や人生が変わるからです。

転職したいと感じているのであれば.職場や生活環境に何らかの不満を感じている証拠だと思います。

今回は異業種であるヘアケアの”美容メーカーの求人”を紹介します。

ヘアケア美容メーカーとは

ヘアケアの美容メーカーとは、シャンプーやトリートリートメント、パーマ液やヘアカラーなどを製造する会社となります。

例えばミルボン・シュワルツコフ・アモロス・ナプラなどと、まだまだありますが代表的な例としてはこういったメーカーです。

よく勘違いしやすいのですが、材料を仕入れる会社は”美容ディーラー”と呼ばれ、美容メーカーとは異なりますので気を付けましょう。

ヘアケア美容メーカーの仕事内容

ヘアケアメーカーの仕事内容としては、美容ディーラーへの営業や美容室や理容室への材料のPRなどになります。

販売先が美容室や理容室ではなく、美容ディーラーへの販売となるので、ディーラーへのサポートが主な仕事となるでしょう。

また事務という求人もあるので、コミュニケーションが苦手だった方にもおすすめです

給料の相場

担当部署や地域によって様々ですが、24~50万円の設定が多いように.見られます。正社員となればもちろん福利厚生もついてきます。

勤務時間

実労働8時間と定めている所や7時間半という労働時間を設けている会社も有ります。

ただ、美容室の営業後に講習やPR活動も行う場合もありますので、ごくまれに残業というのも視野に入れておくと良いかもしれません。

ヘアケア美容メーカーへ転職のメリット

美容メーカーへの転職メリットとしてはこの2つです

  • 今までの知識がそのまま生かせる
  • 現場の経験を活かし、些細な悩みに気付ける

仕事の内容は違いますが、現場の雰囲気や今まで勉強してきた知識がそのまま生かせるので、かなり相性の良い転職先と言えるでしょう。

ヘアケア美容メーカーへ転職のデメリット

美容メーカーへの転職のデメリットとしては、好きで美容師をしていたのであれば特にないと思います。

あえて言うのであれば、接客から営業職に変わってしまうという事でしょうか?

ヘアケア美容メーカへの転職がおすすめな人

美容メーカーにおすすめな人としては

  • 今後も髪の毛や美容室・理容室という職場に関連していきたい人
  • 店の中での営業ではなく外へ出ての仕事をしたい方
  • 今までの知識を生かしたい方

やはり今までの知識がそのまま生かせるというのはかなり魅力的ですよね。

また元美容師歓迎という求人を出しているメーカーがあるくらいなので、かなり相性の良い転職先となります。

美容師と美容メーカーとの違い 志望動機のヒント

まず第一に扱う商材が全く異なります。

美容師は技術であって、美容メーカーは材料となりますので売り方や提案方法も異なってきますし、販売相手が美容師の場合は個人のお客様となり、美容メーカーは個人事業主や法人相手となります。

お話をするという点は同じかもしれませんが、美容師より薬剤成分についての知識が必要となるでしょう。

美容師としてお客様の為に薬剤の勉強をしていたら、成分や作用という分野を好きになってしまった方や、外に出て働きたい方などにおすすめします。

その他オススメ異業種転職先

美容メーカーの他に美容師経験がある方向けにおすすめな仕事先をこちらのサイトで紹介してます。

是非一度ご覧ください。

西日本美容師求人サイト>>急なお休みも大丈夫!子育てとの両立を応援する美容師募集。

女性の転職サイト>>マイナビエージェントのWinな女性の転職『ウーマンウィル』

若者就職支援>>正社員への転職を徹底サポート【安定のお仕事】

-美容師転職